「諦めない心が大事」

標準
◆先日某テレビ局の「ものづくり日本の軌跡」の番組の中で、「魚群探知機」を開発した兄弟の記録を観た。
戦後日本の食糧難を少しでも助けたいという「強い志」が4年間の悪戦苦闘を乗り越え開発に成功。
この成功の根底にあったのは、工夫に工夫を重ねても完成に至らなかったが、諦めずに更に工夫を加えたことによるもので、難題に直面しても「諦めない心」で、創意工夫をもたらし、人を動かしたところに感動を覚えた。
続きを読む

「強い志は道を拓く」

標準
◆「今、伊能忠敬に何を学ぶか」のテーマで童門冬二氏(どうもんふゆじ・87歳)の講演を聞いた。
今回の講演は50歳にして強い志を持って起ちあがり、日本地図の完成という偉業をなした忠敬翁の生き様や足跡を作家独自の傑出した話術で展開された。
続きを読む

「いつの時代も信用が大事」

標準
◆私の勤めていた会社は古い歴史を持つ。その会社の家憲に「信用を重んじ確実を旨とする」、「浮利を追わず・・・云々」、とある。
信用と言う事では、私が社会に出る時、母親から「人様から信用されることが大事だよ」、それには真面目が一番と教えられた。
続きを読む

「男の顔は履歴書」

標準
◆「顔にはその人の人生が刻まれている。
ロクでもない事ばかりしてきた人は、それ相応に安っぽい顔になるし、何かを成し遂げるべく、真剣に生きてきた男の顔は、これまたそれ相応の風格のある顔になります。」
この文章は、ジャーナリスト大宅壮一氏の一行ですが、もとはといえば、アメリカのリンカーン大統領の有名な故事があります。
続きを読む

人生、「ゆっくり力」が大事

標準
◆待望の「いぶき館」が完成。
大きな舞台に広いアリーナや音響効果抜群の多目的ホール。
明るくゆったりとしたスペースに、真新しい多くの書籍が並ぶ図書館。
加えて、機能性に富んだ大小研修室や使い勝手の良い市民ギャラリーなど、小見川地区の文化・芸術活動の拠点となった。
すでに多くの人が色々な形で利用されていますが、私もその一人だ。
続きを読む