「引き際が大事」

標準
◆最近、「引退」という言葉をよく耳にする。
スポーツ界で特に多く聞かれますが、先日もラジオで引退をテーマに放送されていた。

「引退のイメージは、と聞かれたら、あなたはどのような言葉が思い浮かびますか」との問いに、「ご馳走さまという言葉がマッチしている」とのこと。
理由の中で、少し余力を残す。惜しまれて引く。腹八分目をイメージする。という人が多かった。
まだ余力があるうちに惜しまれながら引退する「引き際」は男の美学の一つに挙げられるのでは。

◆最終ラウンドでの議員活動16年間は、長かったようで短かった。
平成の大合併後、人口減が常態化の中で、東日本大震災を経験、この難局を皆で乗り切り、香取市は大きく変貌してきた。
各分野において個別にあげることはできないが、客観的に見てもその実績は評価できるのでは・・・

◆議会は二元代表制で活動されています。
価値観や立場・環境での意見に対立があって当たり前。
厳しい議論の末、行政運営を進めることになります。
市民不在の議会運営は頂けない。
これからも皆様と共にしっかり見守っていきたい。

◆皆様へのお願いは、変化が激しい情報社会。
難しい事案については、一方面から見たり、聞いたりするのではなく、正しい情報を多方面から、多角的に取り入れ、正しい判断をして頂きたい。

◆私は議員としての皆様方の身近な課題を中心に活動してきました。
誠実・思いやり・信頼などをキーワードとし、行政とのパイプ役に責務を果たしてきたつもりです。
皆様には十二分な満足が届かなかった点はご容赦願います。

◆地方議会も更なる活性化、開かれた議会が求められています。
既成概念や固定観念に捉われない新しい感覚を持った議員を選択してもらいたい。
一将功成りて万骨枯る。老兵は去るのみ。
私も「ここらが引き際」と心得て、今回、引退を決意しました。


◆コラム「眞」
これまでの人生や議会活動を通じ、思いのままに綴らせて頂きました。
終章にあたり感慨も一入です。
ご愛読ありがとうございました。

「言葉には思いがある」

標準
◆リオのオリ・パラ五輪での日本選手の熱い闘いに元気と感動を貰った。
その余韻が残る中、都知事選挙では、勝つためには手段を選ばない候補者たちの言動に「勝てば官軍」の感がする。
東京五輪施設の建設費や豊洲市場の手抜き問題では、都職員の無責任な言動に一抹の空しさを覚えた。
都庁の改革が求められている。

続きを読む

「命の炎を繋ぐ大切さ」

標準
◆皆さん、考えたことがありますか
一人の人間が生まれるためには二人の両親がいる。
2代で4人、3代で8人、4代で16人。
このように命の起源を遡っていくと、20代で104万8576人、30代で10億人を超える人数になる。
更に時代を遡ると天文学的な数字となる。
その祖先のうち、もし一人でも欠けていたら、私たちの命はない。
「命の炎」が一回も途切れることなく連綿と続いてきたからこそ、私たちは今この世に生きている。・・・名言集より・・・

続きを読む

「自らの力で現状打開を」

標準
◆「無知があまりにもはびこり、真実があまりにも理解されない」
重要問題とは何か。
米ソの冷戦の最中、ケネディ大統領は、「世界平和」と演説で語った。
また、国連では、「もし両国が十分に安全でいるためには、水素爆弾よりもはるかに優れた武器(中略)が必要」と語りかけ、それは「世界的協力に他ならない」と言い切った。(ケネディ演説集から)
続きを読む

「挑戦は明日を拓く」

標準
◆朝の連続ドラマ「あさが来た」が高視聴率で推移。
その人気は何処にあるのか。
時代背景もさる事ながら、明治維新から新政府へ、時代の流れの中で生き抜いていく「白岡あさ」のドラマは、筋書きがあるとはいえ、共演者の好演もあり視聴者に元気を与えている。
続きを読む