創意工夫し無駄のない事業を

標準
異常気象が常態化しつつある。
10月に入っても真夏日があったり、台風はこれまでになく迷走するこの頃、皆様には如何お過ごしでしょうか。

眞風 第59号を発行しました。
こちらよりご覧ください。


最近は話題に事欠くことがない。
世界を見渡せばアメリカの大統領選挙やシリア停戦の崩壊、北朝鮮の核開発、中国の東シナ海問題等々、日本も安穏としていられない。
臨時国会では、憲法改正、領土や核保有問題等、本質を突いた質問に戸惑う答弁に不安が募る。
党利党略が先行した国会は隔靴掻痒の感は否めない。
また、国会も地方議会も金に絡む諸問題が発覚し、政治家としての在り様が問われている。

香取市は総合計画の後期基本計画をベースに堅実に事業を推進している。
更なる発展に向け、新たな街づくり事業も検討されている。
創意工夫し無駄のない事業を進めて貰いたい。
これ等の事業は、更に魅力ある、安心安全な香取市にするためのもので、これまで同様、皆様のご意見を聞きながら進めて行く事になります。
皆様に納得して頂けるよう、議員としての役務を真摯に努めて参ります。