「言葉には思いがある」

標準
◆リオのオリ・パラ五輪での日本選手の熱い闘いに元気と感動を貰った。
その余韻が残る中、都知事選挙では、勝つためには手段を選ばない候補者たちの言動に「勝てば官軍」の感がする。
東京五輪施設の建設費や豊洲市場の手抜き問題では、都職員の無責任な言動に一抹の空しさを覚えた。
都庁の改革が求められている。

◆言葉は思いから始まり信念となって言動に繋がる。
慎重に発言しないといけない。
先の国会で、消費税の値上げに関し安倍首相は野田前首相に対し、党首討論の中で「約束します」と公言した。
しかし、公約が守れないとなると、これを正当化するため、「周辺事態が変わったから」と言って約束を反故にした。
事態が変わる予測する力も指導者に問われる資質では。
一国の総理の修正発言は重い。
その責任は次の選挙に勝った事でうやむやにしているが将来に不信を残すことになった。
吐いた言葉やこぼれた水は元に返らない。
言葉には思いがある。

◆国会の超縮小版である香取市議会。
事象の大小、難度の高低の違いはあるが、行政運営のチェック機関として同じ事が言える。
予算・決算委員会は、議員に与えられた最大の権利行使の場である。
予算委員会では身の丈にあった予算にするため、緊急性・必要性・効果度等、多角的且つ多面的、客観的に見る。
決算委員会にあっては、公平・公正に予算が運用されたか、無駄や無理な使い方をされていないかをチェックし、次年度の事業に反映されるような議論を心がけている。

◆香取市、震災復旧事業で膨れ上がった予算。
これからどのようにすぼめていくかが課題だ。
大型事業や条例の改正等たくさんの案件を抱えるが、生活者目線で、また、議員の立場でチェック・フォローをして行かねばならない。

◆マスコミで話題の政務活動費。
富山市議会にあっては、言い訳は出来ない。
香取市議会は、政務活動費の交付に関して、条例や規則を定め、これに基づき運用している。
活動費は、月一万円で大半の議員は会派で運用。
主に先進地の視察や研修費に活用。
また、活用実績は議長宛に報告、保管されている。
因みに、領収証は一円まで添付し、余剰金は返納している。

◆最近のビッグニュースと言えば、大隅良典栄誉教授のノーベル医学生理学賞の受賞。
改めて日本医学の研究レベルの高さを知らされた。
と同時に、研究の姿勢やその人柄に多くの人が親しみや感動を覚えたのでは。
地道な努力は神のみが知っていた。
「努力は天才に優る」、「継続は力」を信じ一念発起し努力するもまた楽しいものでは。