2015年12月定例会(12/1~12/18)

標準
一般会計補正予算など21議案を可決・承認

<可決された主な議案の概要>
◆第1号  「平成27年度 香取市一般会計補正予算(第6号)」
歳入歳出に5982万円を減額し、補正後の総額を434億833万円とするもの。
<主な歳出>
* 障害者自立支援給付事業及び障害者福祉対策事業に1億7822万円追加。
* 民間保育所及び指定管理者導入保育所の保育委託料に1億3913万円追加。
* 米政策改革事業に7088万円を追加。
* 道路維持・改良や河川維持事業等に8695万円追加。
* 観光振興対策事業(SLの運行、ふるさと祭東京2016に出演)340万円。
* 県議選が無投票に、農業委員会選挙が制度改正で未執行により2639万円を減額
* 継続費補正を廃止:橘ふれあい公園整備事業(交流館工事見直し)6億618万円減

◆第2号 「介護保険特別会計補正予算(第2号)」
介護予防・日常生活支援総合事業に1294万円を追加。事業の開始によるもの。

◆第3号 「下水道事業特別会計補正予算(第4号)」
職員の人件費1027万円を追加。人事異動等に伴うもの。

◆第4号 「香取市行政手続きにおける特定個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び個人情報の提供に関する条例の制定」
個人番号(マイナンバー制度」に関するもので、法定事務以外で個人番号を利用する事務、市の同一執行機関内及び異なる執行機関間において、情報連携を行う事務等の条例を定めるもの。

◆第5・6・7号 :農業協同組合法の一部を改正する等の法律が公布され、「農業委員会等に関する法律」の一部改正されたことに伴い関係条例を整備するもの。
議案5号:現行の定数等条例を廃止、農業委員の定数を19人に、農地利用最適化推進委員の定数を24人にするもの。
議案6号:農地利用最適化推進委員に対し、月額3万700円の報酬を支払うもの。
議案7号:条例中の引用条文及び文言を整備するもの。

◆第9号~10号:指定管理者に関するもので、指定期間終了に伴い来年度以降5年間の管理運営を指定するもの。
・「なのはな苑ディサービスセンター」を「株式会社 楽天堂」
・「養護老人ホームひまわり苑」及び「同ディサービスセンター」を「江戸川豊生会」

議案11号「工事請負契約の締結」
(仮称)小見川認定こども園建設工事について、常総開発株式会社佐原支店が7億4650万円で落札。
概要:木造一階建て(一部鉄筋コンクリート及び鉄骨造り)。
敷地面積7508㎡、延べ床面積2669㎡。 主要施設:保育室、遊戯室、一時預り室、管理室、子育て支援室など。
工事完成は平成29年1月末、開園予定は同4月。定員は230人
期待できる具体的効果:老朽化した両施設を一体的に「認定こども園」として建設することで、保護者の就労の有無に関わらず、状況が変化しても継続的に利用できる。加えて入所児童以外の子育て世帯のための相談窓口である子育て支援室が設置される。これらの整備により、質の高い教育・保育の提供と地域での人間関係の希薄化が解消でき、子育て世帯への支援が強化される。

議案14号「財産の取得」:
佐原第三中学校を佐原中学校に統合するに伴い、スクールバス3台=1938万円で購入。
三菱ふそうトラック・バス㈱と締結。

議案15号「東庄町と香取市の火葬に関する事務委託の廃止に係る協議」

議案19号「香取市土地取得事業取得事業特別会計補正予算(第2号)」
小見川市街地整備事業において、代替地を先行して取得(1610万円)する必要が生じたため。
現在、地権者18件と細部にわたり交渉中。

議案21号「香取市火葬場の設置及び管理に関する条例の廃止する条例」の制定
平成28年4月1日から香取市火葬場(おみがわ聖苑)の業務を香取広域市町村圏事務組合へ移管するに伴い、条例を廃止及び改正するもの。
[陳情3号]:「緊急に介護報酬の再改定を求める陳情」:不採択
陳情の趣旨は①介護事業者と介護労働者が充実したサービスを提供できるよう、緊急に介護報酬を大幅に引き上げる。
②介護報酬の引上げが住民・利用者の保険料・利用料負担増に繋がらない措置をとること。
*陳情の趣旨は理解できるが、介護職員の処遇改善を図る処置もとられ、被保険者の介護保険料も抑制されている。
緊急に大幅に上げる必要はないと判断され「不採択」となった。

[発議案第1号]:「利根かもめ大橋の無料化を求める意見書」
夏季キャンペーン期間中通行量が2倍となり、増加したのは通勤車両と考えられ、小見川大橋の渋滞緩和にも影響ありと考えて「採択」されました。