「機会損失」を知る!

標準
議会の答弁において「鋭意努力します、検討します」は、あまり期待できないと、ある先輩議員から聞いた。
事ほど左様に「民間の経営感覚や手法を導入して、効率的な行財政改革を行います」という答弁もよく聞く。
機構改革やIT化、コンピュータ化が進められている中、民間と官公庁の大きな違いは、事業化へのスピードの違いではないだろうか?
続きを読む