「2014年12月香取市議会議員選挙」への立候補を決意しました!

固定ページ

***** 挑戦への3つ真意 *****

1「企業の感覚を持った議員が必要である」

行財政施策や諸事業をより効率的・効果的にするため、民間企業で培った物の見方・考え方が出来る議員が必要である。

2「行政とのパイプ役が必要である」

市民の代弁者として、市民が抱える課題や意見・要望等を迅速かつ確実に反映するため、行政とのパイプ役が必要である。

3「香取市発展の原動力となる」

3期12年間の地方議会議員経験を活かし、更に重要な仕事に関与させて頂きながら、質の高い仕事で皆様の期待に応える。



*** しんもと丈夫の決意! ***

元気で魅力あるまちづくり

「香取市総合計画」に沿って執行される各種事業に対し、議員の責務として生活者目線で行政を質し、住んで良かった「元気で魅力あるまちづくり」に向け全力で活動します。

☆-1 人口減少対策を積極的支援
・企業誘致の更なる推進
・子育て支援事業の拡充
・若者たちの定住対策
☆-2 行財政改革で財政基盤の確立
・観光事業や地場産業の育成で税収向上
・各事業の無理・無駄を排除し経費節減
・人の有機的な運用で業務の効率化
☆-3 地域の福祉と医療を守る
・小見川総合病院の堅持と新病院の早期完成
・香取市見守りネットワークの充実
☆-4 学習環境の改善
・ 学校の活性化とゆとり教育の見直し
・ スポーツや文化・芸術活動への積極的な支援
☆-5 活性化した地域づくり
・ 地域再生化事業の促進(商店街の活性化)
・ 各ボランティア団体の育成強化


* しんもと丈夫の4年前の約束と実績 *

前回の立候補に当たって、4つの主課題と具体的な項目を掲げていましたが、概ねその責務を果たしてきました。
1.行財政改革で更なる財政基盤の強化
① 有機的な組織体制で業務の効率化
節約された人件費は、財政調整基金や福利厚生・環境改善に還元。
② 合併特例債を活用した事業の促進
橘ふれあい公園整備事業、いぶき館の建設、佐原消防署の改築、学校給食センターの統合、伊地山清掃工場の改築、道路の改良等。
2.地域の福祉と医療を守る
① 小見川総合病院の建設
5年以内に、現地に、身の丈に合った規模で建設が決定。
② 生活弱者対策(買い物、通院等)
循環バスの導入。改善策として、一部デマンドタクシー試行。
3.学校教育の安心・安全の確保
① 学校・公共施設等の耐震化促進
耐震化率95%、27年度末には完了。
② 学校給食センターの統合:H25年4月から供用開始
4.活性化した地域づくり
① 企業誘致の促進 ; 優良企業が進出。
小見川ソニー跡地:大栄フーズ㈱、 ㈱大東製作所
ミツカンフレシア跡地:㈱新昭和
東京電力佐原営業所跡地:小野莫大小工業㈲
日本製鋼所跡地:キンキサイン㈱
② 市街地再生化への積極的取り組み
小見川駅・佐原駅前広場整備事業が発足。

★ やり残した課題
「小見川大橋の渋滞対策」
毎年、国や県へ陳情訪問をしているが、ハードルは高い。

● 日常の身近な課題(要望・相談等)への対応
頂いた案件は現場の実態を調査・確認し、関係者と検討して、「出来る、出来ない、何時までにやれる」等を必ずご返事をし、ご理解頂いています。
主な要望;道路の補修・整備、総合病院への要望、福祉介護の相談、通学路の安全対策、警察・消防署、都市公園の整備

香取市議会議員選挙<12月14日投票>

告示日2014/12/07
投票日2014/12/14
選挙事由任期満了
定数22人